あさお慶一郎(衆議院議員 神奈川4区)

湘南の風

「人工光合成への一歩」活動レポート2017年9月号

2017年09月04日 (月)

人類の活動の源になる光合成 今月はちょっと夢のある話をしましょう。 私はかねてより、植物が行う光合成を人工的に行える様にすることが出来れば、我国の国力を高め、環境問題の解決にも寄与すると訴えて参りました。 植物は空気中や水中にある二酸化炭素と水を光のエネルギーだけを使って、ブドウ糖と酸素に変換しております。 太陽のエネルギーを貯めておく材料として、地球上にまんべんなく存在する二酸化炭素... [ 続きを見る» ]

「大学の定員管理厳格化の視点から見た獣医学部の新設」活動レポート2017年8月号

2017年08月01日 (火)

高まらない入学定員超過問題への関心 加計学園の獣医学部新設を巡る混乱が続いています。国会では閉会中審査も行われました。 メディアを中心に議論が沸騰する反面、文科省が昨年度から手掛けてきた入学定員超過問題にはなかなか関心が高まりません。 定員超過する私立大学への対抗措置として、経費補助率を段階的に厳しくしているという対策です。 従来、収容定員8000人以上の大規模大学であれば、学生数が定... [ 続きを見る» ]

国際シンポジウム・アカデミックリーダーセミナー「国際政治における核兵器の意義とは?」にパネリストとして参加

2017年07月31日 (月)

7月29日、早稲田大学SGU実証政治経済学拠点が主催するシンポジウム・アカデミックリーダーセミナーにパネリストとして参加いたしました。 「国際政治における核兵器の意義とは?」をテーマに、核兵器の脅威と日本及び東アジアの国際関係について語り合いました。 講演者: スタンフォード大学 ジェームス・フィアロン教授 パネリスト: 浅尾慶一郎(衆議院議員) 安藤優子氏(ジャーナリスト) ... [ 続きを見る» ]

「成長戦略としての働き方改革」活動レポート2017年7月号

2017年07月03日 (月)

国民負担割合を高めない為に必須の成長戦略 成長戦略の目的とは、何でしょうか。いうまでもなく日本のGDPを高めることです。 もうこれ以上成長しなくても良いという考えの方もいらっしゃいますが、私はこの考え方に与しません。 何故ならば、今後ますます増えることが予想される社会保障費用を賄うためにも、成長が必須だからです。 一人当たりの国民所得が増えて行かなければ、国民の負担は高まるばかりで... [ 続きを見る» ]

「公務員人事評価の昇給への連動の矛盾点」活動レポート2017年6月号

2017年06月02日 (金)

自民党行革推進本部への提言 自由民主党行政改革推進本部には人事院勧告見直しチームがあります。 先日、私はそこで「公務員の人事評価とその昇給制度への連動」の矛盾点について講演をしてきました。 そして講演の中で制度改正の必要を訴えました。 私は国会議員として、公務員の処遇とその矛盾点について、これまでもさまざまな指摘を行い問題解決にも取り組んできました。 全国会議員の中で、最もこの問... [ 続きを見る» ]

「北朝鮮情勢を巡る一考」 活動レポート2017年5月号

2017年05月02日 (火)

「戦略的忍耐」からの転換 北朝鮮を巡る情勢が緊迫しております。 オバマ政権下の米国では、「戦略的忍耐」と言う名目で、北朝鮮の挑発的行動に対して米国は比較的抑制した行動を示しておりましたが、その間に北朝鮮が核兵器及びその運搬手段としての大陸間弾道弾の開発を継続して進めて参りました。 トランプ政権は、前政権の「戦略的忍耐」は失敗だったとして、新たに「あらゆる選択肢を取りうる」と宣言、北朝... [ 続きを見る» ]

「成長戦略としての医療政策」 活動レポート2017年4月号

2017年04月05日 (水)

膨張する医療費 我国の医療費の膨らみが止まりません。 2011年度の保険料、公費、自己負担は39兆円でしたが、2025年にはこれが60兆円にまで達する見込みです。この伸びは、GDPの伸びを超えています。 こんな大盤振る舞いをしている国は他にはないと思われます。問題の所在はどこにあるのでしょうか。 まず医療費は、価格弾力性が殆どないことが指摘されます。 これは、自分や家族の命に関わる医... [ 続きを見る» ]

「地方議会の役割」 活動レポート2017年3月号

2017年03月06日 (月)

国政へ外部からの二つの風 今年の国政は、外部からの大きな風に揺れることになりそうです。 それは二つあります。一つは海外からの風、そしてもう一つが東京に吹く風です。 東京の影響とは何でしょうか。 まず、今年は東京都議会議員選挙が行われるということがあります。 小池知事が応援する候補がどの位当選するのか、それが一つの注目点です。 地方選挙という意味では、私の選挙区の鎌倉市でも今年の四月... [ 続きを見る» ]

「今年の世界情勢について」 活動レポート2017年2月号

2017年02月02日 (木)

波乱要因に満ちた世界 トランプ砲で幕を開けた今年、世界は波乱要因に満ちています。そこで、先月号に続き世界情勢をテーマにお伝えします。 まず、お隣の韓国です。 大統領の弾劾訴追を受けて罷免の可否の審査をしている憲法裁判所は三月半ばまでにおそらく罷免の判断を下すと思われます。 そうなれば60日以内に大統領選挙が行われ、新大統領は即日就任することになるのですが、それまでは政治空白は避けら... [ 続きを見る» ]

「謹賀新年」 活動レポート2017年新春号

2017年01月01日 (日)

昨年は激動の一年、今年は? 明けましておめでとうございます。 昨年は、まさに激動の1年と呼ぶにふさわしい1年でした。 英国の欧州連合(EU)からの離脱。 アメリカ大統領選挙におけるトランプ氏の当選。 東アジアに目を転じれば中国の海洋進出や北朝鮮の核開発・ミサイル発射実験、そして韓国の朴槿恵大統領の突然の退陣表明などもありました。 フィリピンのドゥテルテ政権の誕生は世界に広がる政... [ 続きを見る» ]
1 2 3 4 5 6 ... 22

湘南の風 あさお慶一郎の日記

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ